すぐるーむ

1分あれば読める雑記ブログ

二兎追うものだけ二兎得る

「二兎追うものは一兎も得ず」ということわざがあるが、それは昔の教訓であり、もう時代が違うのだ。

同じ会社で定年まで働き続けるみたいに、1つのことを遣り通すことが美徳という時代は終わった。

今からの時代は、会社で働きながら、そこで身に付けたスキルを活かした副業を始め、副業が本業を超えた辺りで独立するのがお勧めだ。

自分で0から始めるより、会社でスキルや経験を積んで、1から始めた方が、余裕を持って一歩先を行けるからだ。

「給料が良いから」「慣れたから他に移りたくない」などと言って、その場に留まっている限り、それ以上先には進めない。

それに気付いた者だけが、先を行っているだけに過ぎない。

今の環境を変えたいのなら、まわりの言葉に惑わされず、二兎でも三兎でも追いかければ良い。

しかし、ただ追いかけるのではなく、複数のことを同時にこなすには、どうすれば良いかを考えることだ。

二兎追うなら、仲間を呼び、手分けして捕まえれば良いこと。

その柔軟な発想は、色々な経験を積むことで集約される。

やりたいことは取り敢えずやってみて、もし駄目だったとしても、その経験がいつか役立つ可能性がある。

そう思えば、ためらっていた足取りが少し軽くなるだろう。