すぐるーむ

1分あれば読める雑記ブログ

起業したい人へ勝手に提案してみるシリーズ①

最近、高齢者ドライバーの事故が多発しており、家族やまわりから運転を辞めるよう促される人は増えただろう。

実際、私のまわりでも、「自分がいつかニュースのような事故を起こすかも知れないと考えるだけで怖い」と免許を返上して車を手放した話をよく耳にする。

だが、「車がなければ、買い物にも行けなくなるから」と渋っている人も存在する。

タクシーやバスを使えば代替えになりそうだが、高齢者の多い田舎へ行くと、タクシーで買い物へ行けば、タクシー代だけで1回数千円かかったり、そもそもバスの停留所まで歩いて行けなかったりと利便性が低い。

そこで提案するのが、移動販売だ。

来れないのなら、こちらから出向けば良い。

これは、他の事業でも言えることだ。

スーパーやコンビニなどと比べると、低コストな上、営業時間の縛りがない。

今の時代に売って付けな職業だ。

利益を出そうとすれば、どうしても販売価格がスーパーより高くなる。

しかし、大抵の人は、タクシー代に比べれば安いと、問題なく購入してくれる。

これと似た事業で、買い物を代行するサービスがあるが、高齢者は実際に自分の目で見て買いたいのだ。

だからこその移動販売なのである。

この勝手な提案に興味が湧いた人は、更に工夫を凝らして起業してみてはどうだろうか。