すぐるーむ

1分あれば読める雑記ブログ

結果が全てを語っている

結果が出れば、どういう過程を経たのかを聞かれ、全てを評価されるが、結果が出なければ、どんなに頑張っても、その過程すら評価されない。

しかし、結果を出すために頑張ったとは言っても、その過程の全てを頑張ったかと問い直されれば、胸を張って言えない場合が多々ある。

例えば、資格試験に向けて毎日勉強したが、試験当日は体調を崩し、結果が出なかったとする。

これを別の視点で考えると、資格試験に向けて毎日勉強だけ頑張ってしたが、体調管理は怠っていたので、試験当日は体調を崩し、結果が出なかったとなる。

要するに、資格試験で結果を出すには、勉強だけでなく、試験当日に本領発揮できるように体調管理もしなければならない。

いつも結果を出せる人は、目の前のことだけでなく、常に周囲も見渡している。

だから、結果だけでなく、その過程も評価される。

もし、あなたが結果を出せずに悩んでいるなら、頭を切り替えて、結果を出すには何が足りなかったのかを考えるべきだ。