すぐるーむ

1分あれば読める雑記ブログ

優先すべきは睡眠

f:id:suguru65:20190624072844j:plain


介護の仕事を始めてから、勤務時間によって、睡眠時間がばらばらになり、残業があるものなら、徹夜の日もあった。

そんな生活を送っていると、久しぶりの休日に限って、ベッドから起き上がれなくなることがあった。

そう、極度の緊張が解け、身体に力が入らないのだ。、

トイレに行くのも一苦労で、その度に「何のために仕事しているんだろう」とベッド上で一日中考えていたが、次の日は仕事があるからと身体に鞭を打ちながら、気を引き締めていた。

とうとう心も体もぼろぼろになって、ようやく仕事から解放された。

その日から私の消耗されきった心と体は急速な回復を遂げていった。

あんなに消耗しきっていたのに、仕事を辞めた途端、回復していくのは何故だろうと不思議に思っていた。

そんなに介護の仕事が嫌だった訳ではない。

他に変わったことは何かを考えた。

そして、結論に至ったのが、安定した睡眠時間だった。

今までは、夜勤や夜間待機等があったため、ぐっすり寝た記憶はないが、辞めてからはいつも決まった時間に寝て、決まった時間に起きるといった習慣になっていた。

だから、今でもその習慣が確保できる仕事しかしていない。

そもそも人手不足のこの時代、合わないと思ったら、すぐ転職するのが得策だ。

今となっては、自分を殺してまで働き続ける意味がない。

そんな美化された風習は壊すべきだ。

長く務めたから偉いなどと言う人間がまわりに居るのなら、無視すれば良い。

それが家族であっても。

自分の道は自分で切り開かないといけない。

たとえ、それが険しい道でも。

行き詰ったら、一旦立ち止まり、また振り出しに戻って再開すれば良い。

それまでの時間が無駄になっても、必ず経験は生かすことができる。

だから、心と体をリセットしてくれる睡眠は最優先事項だ。